天然由来成分の消臭・抗菌剤

DogCat(ドキャット)の試験・検査報告

  • HOME »
  • DogCat(ドキャット)の試験・検査報告

一般財団法人広島県環境保健協会様、一般財団法人日本食品分析センター様のご協力のもと、4つの試験を実施し、評価していただきました。!

1.大腸菌・黄色ブドウ球菌の抗菌試験

DogCatに大腸菌、黄色ブドウ球菌を入れ、所定時間による生菌数を測定

【表 試験検体中における大腸菌および黄色ブドウ球菌の生菌数の変化】

試験菌株 生菌数(CFU/mL)
添加直後 1時間後 24時間後
大腸菌 2.8×107 不検出 (※1) 不検出
2.8×107 不検出 不検出
黄色ブドウ球菌 3.4×107 2.5×104 不検出
3.4×107 2.0×104 不検出

 

 

(※1 不検出とは1CFU/mL未満のことです。)

24時間後においても菌類不検出となり、抗菌効果を確認!

試験依頼先 一般財団法人広島県環境保健協会
試験報告書発行年月日 平成28年8月8日
試験報告書発行番号 No. F1600R0009-001

2.マラセチア殺菌効果試験

DogCatにマラセチア菌を入れ、所定時間による生菌数を測定

 

【表 試験液の生菌数測定結果】

試験菌 対象 生菌数(/mL)
開始時 10分後 30分後 60分後
マラセチア 検体 1.8×104 2.3×102 1.3×102
対照 3.1×105 2.8×105 2.6×105 2.3×105

 

 

なんと、30分後には生菌はほぼ不検出となり、殺菌効果を確認!

試験依頼先 一般財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成28年8月16日
試験成績書発行番号 第16081876001-0101号

 

3.皮膚一次刺激性試験

DogCatをうさぎの皮膚に使用して刺激性についての試験を実施

 

試験結果

1)試験動物①

除去後1時間に無傷及び有傷皮膚ではっきりした紅斑(点数2)が見られたが、24時間に消失し、その後刺激反応は見られなかった。

2)試験動物②

除去後1時間に無傷及び有傷皮膚ではっきりした紅斑(点数2)が見られたが、24時間に非常に軽度な紅斑(点数1)となり、48時間に消失した。その後刺激反応は見られなかった。

3)試験動物③

除去後1時間に無傷及び有傷皮膚ではっきりした紅斑(点数2)が見られたが、24時間に消失し、その後刺激反応は見られなかった。

いずれの試験動物においても無処置の無傷及び有傷皮膚では、観察期間を通して刺激反応は見られなかった。

「無刺激性」の範疇に入るとの評価結果!

試験依頼先 一般財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成28年9月14日
試験成績書発行番号 第16082419001-0201号

4.急性経口毒性試験

DogCatを異常のないラットに経口投与して毒性についての試験を実施

 

試験結果

1)死亡例

いずれの投与群においても、観察期間中に死亡例は認められなかった。

2)一般状態

いずれの投与群においても、観察期間中に異常は認められなかった。

3)体重変化

投与後7及び14日の体重測定において、試験群は対照群と比べ体重値に差は見られなかった。

4)剖検所見

観察期間終了時の剖検では、すべての試験動物に異常な認められなかった。

毒物や劇物ではないことを評価確認!

試験依頼先 一般財団法人日本食品分析センター
試験成績書発行年月日 平成28年9月14日
試験成績書発行番号 第16082419001-0101号

PAGETOP
Copyright © キョウワフーズ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.