天然由来成分の消臭・抗菌剤

DogCat(ドキャット)の開発経緯

  • HOME »
  • DogCat(ドキャット)の開発経緯

DogCat(ドキャット)の開発経緯

ホタテの貝殻を高温で焼成し抽出した溶液に消臭、殺菌効果があることは昔から知られていました。
溶液の抽出には、焼成したものにアルコール、エタノール、次亜塩素酸水、水等を使用しますが、DogCat(ドキャット)は純水のみで抽出しています。
自然界の安心安全な素材
ホタテの貝殻を焼成したもの(酸化カルシウム)が田畑の土壌改良剤として使用されています。身近なところではコンニャクの凝固剤としても使用されていますし、お菓子等の乾燥剤としても使用されています、自然界にあるものから作られています。
開発のきっかけ
元々、手焼き冷凍お好み焼きで使用する千切りしたキャベツを洗浄・日持ちさせる方法はないかと模索している中、この水溶液に浸けると1から2日経過してもシャキシャキ感のまま保存できることが分かりました。そこで、いろいろ試験してみると除菌効果もあることが分かりました。(詳細は試験結果を見てください)この水溶液が雑菌を増殖させないことから長持ちするのではないかと考えています。
ペットの飼い主様から、ペットの排泄物の後始末に消臭、除菌する良いものはないかとの声を聞いていましたので、ならばということで、試しにお渡しし使用していただきました。
使用結果が好評であったため、製品化の過程で除菌できるのであれば、犬猫に多いマラセチア菌に有効なのではないかと想定して試験を行いました。DogCat(ドキャット)の除菌能力を検査してみて、あらためて除菌能力の高さを確認し、製品化したのがDogCat(ドキャット)です。。(詳細は試験結果を見てください)
お客様から教えていただきました
こうして販売を開始して約2年経過しました、徐々に広まっていき、さらに、お客様の声から、効果が寄せられ、私どもも驚いています。
本来はペットの排泄物の消臭、除菌を目的とした商品ですが、除菌効果を最大限引き出してご使用いただいていると思っています。
ホタテの貝殻と純水だけで作った天然由来のDogCat(ドキャット)。
安心してご使用いただけます。

強アルカリ性とDogCat

水酸化カルシウム溶液でPH12の強アルカリ性を示しますが、抽出時、水によりアルカリ成分濃度が0.05%まで希薄されます。この為、人の手に噴霧・付着しても問題はありません。(うさぎの皮膚経口試験にて実証済)

もし ご使用中に皮膚の痒みや発疹が出た場合は、直ちに使用を中止して医師の診断をお受け下さい。(個人差がある為、異常がないことを保証するものではありません。)

DogCatの製法技術

DogCatは以下の手順で製造しております。

(1)ホタテの貝殻を焼成する → (2)その貝殻を粉砕する → (3)粉砕された粉末と水を混合させ抽出する

ホタテ貝殻からDogCat(ドキャット)を作るために、以下の弊社独自の製法で作くっています。

①ホタテの焼成温度とその焼成時間

②粉砕する粒度

③使用する水

④混合比率と溶出時間

⑤抽出方法

使用方法

除菌、抗菌または消臭を行う対象部分に直接噴霧するか、布または綿に噴き付けて対象物を軽く拭き取って下さい。

 

使用上の注意事項

■目や口に直接噴霧しないで下さい。

■誤飲された場合は直ちに医師の診断をお受け下さい。

■対象物が黒い物の場合、噴きかけたまま放置しておくとカルシウムが白く固着し、拭き取りが難しくなります。黒い対象物に噴霧した場合には、使用後は速やかに拭き取りをお願いいたします。

 

PAGETOP
Copyright © キョウワフーズ株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.